2021年09月14日

歌詞を味わって歌う♪

昨日のレッスンは課題曲 What a wonderful world のエンディングを練習。
この曲は偶然にも先日のパラリンピック閉会式のクライマックスで独唱〜子供達の合唱へと歌われた。
やっぱり良い曲だもんね・・・と教室での会話が弾んだ。

レッスン始めた2か月前は『何となく知ってる曲』というイメージだったけど、今、受講生は皆異口同音に『良い曲ですね』と歌詞に共感を持たれている。
ここがオトナのレッスンの良いところだなぁと思う。

洋楽ってともすればメロディーにばかり気を取られ、歌詞の内容まで共感されない事が多い。
正直、内容解らずに歌ってる人も多いんじゃないの?
でも、内容を良く理解して噛みしめて歌えばテクニック等を駆使せずとも良い歌唱になる。
ここが『歌う事の意味』なのだから。

内容が解ったとて、この曲をしみじみと『良い曲ですね』とは言えない。
人生、紆余曲折、色々と経験してきたオトナだからこそ共感が持てるんだな・・・と感じた。
ワタシが好きなフレーズは 
I hear babies cry,  I watch them grow
They'll learn much more than I'll ever know 

そんな事を思うようになったのはワタシもこの齢になったからだな。



posted by みどりん at 10:47| ジャズの話&レッスンの事♪